メインメニュー
学校紹介

2017年4月28日(金曜日)

来週から家庭訪問にまいります

カテゴリー: - wake @ 15時16分39秒

 4月28日(金)快晴、雲一つない空は、五月晴れという言葉を連想させるかのように、熱い日差しを降り注いでいます。いよいよ今日から「ダイヤモンドウィーク」のスタートということから、職員朝礼においても〇童への安全指導を徹底すること、適度な宿題を出すこと、6疑Πもリフレッシュすること、これらについて指導しました。ただ、教職員もこの時期は動くことが多いことから、〕祥気里△觀弉茲鯲てる、疲れが残ったままの運転は避ける、自家用車はできるだけ控えて公共交通機関を利用する、これらについて注意喚起いたしました。先日も愛媛県の教育公務員が自家用車を運転中に死傷事故を起こしたと報道されたばかりですから、ピリピリしたムードを醸し出すことを忘れてはいけないと考えました。

 児童の欠席等の状況についてお知らせします。昨日27日(木)の最終は、欠席8名、出席停止児童2名(溶連菌感染症)でした。週半ばを超えると欠席児童の数がひと桁になりました。本日28日(金)の朝の段階は、欠席児童5名、出席停止児童1名(溶連菌感染症)でした。週末になるとほとんどが元気になってそろっていることはとてもうれしいです。少し気になるのは、溶連菌感染症です。昨日の2名は元気になって登校していますが、新たに1名が発症しています。少し流行し始めているといっても言い過ぎではないような状況です。来週の週初め、連休明けに、児童がけがなく、元気に登校できることを願っています。

 さて、5月1日(月)から「家庭訪問」が始まります。この家庭訪問は、学校側にも家庭にもメリットのある機会にならねばならないことから、学校側はきちんとねらいをもって訪問します〇劼匹發寮験莨況を把握する、家族構成など子どもの置かれている状況を知る、2板蹐任里靴弔韻覆匹砲弔い特里襦↓じ澆い共通理解しておくことが望ましいことを確認する、コ惺擦簔看い紡个垢詬徊召箚蠅い鯤垢、子どもの現在及び将来にかける期待を知る、これらのねらいをもってお邪魔しますので、お話を聞かせてください。保護者の皆様にもねらいはあるのではないでしょうか。例えばですが、〆E戮寮萓犬呂匹鵑弊萓犬覆里知りたい、△澆鵑覆料阿任聾世┐覆い海箸砲弔い得萓犬肪里辰討發蕕い燭ぁ↓修学旅行や集団宿泊訓練、遠足等について質問したい、親の悩みを聞いてほしい、これらのことがあるのではないかと思います。このように、学校側にとっても保護者にとってもメリットのある家庭訪問にしたいと考えます。そして、この家庭訪問を契機にして、子どものことについて困った時にはご相談いただいたり、学校側も相談やお願いをしたりできるような人間関係を作ることができれば何よりです。ただ、注意しなければならないこともあります。限られた時間内での訪問となりますから、学校側が話すばかりになってはいけないと思います。教師は話すことについてはプロですから、時間があればいくらでも話すことはできますが、家庭訪問は、保護者の皆様の話に耳を傾けることに努めます

 明日29日(土)には、勝岡神社で春祭りが開催されるようです。本日は「神守り行事」「神社境内と参道の清掃」子どもたちは実施しております。ちょうど主任会のために早く下校できましたから幸い参加できたと思っています。明日は午前6時から、「宮出し」「一体走り」「祭り門廻り」「宮入り」という流れで春祭りが行われるようです。本校児童は24名が神輿のかきふとして参加するようです。昨年秋祭りは参加したものの春祭りは参加できておりませんでしたから、ぜひ参加したいと思っています。


2017年4月27日(木曜日)

毎月1日は「俳句の日」

カテゴリー: - wake @ 15時34分28秒

 4月27日(木)晴れ、昨日は一日中雨が降りましたが、今日は朝から晴れています。これからは数日お天気がよく、気温は初夏のように上がってくるそうです。以前にも児童に話したとお伝えしましたが、熱中症が気になる季節です。十分な水分補給ができるように持たせていただけると助かります。欠席に関する状況は、少し回復傾向が見えます。昨日26日(水)の最終は、欠席児童14名、出席停止児童1名(溶連菌感染症)でした。本日27日(木)のお昼の段階では、決選投票10名、出席停止児童1名(溶連菌感染症)です。

 いよいよ明日が4月の最終授業日となりました。新年度が始まったばかりで、ようやく新メンバーは学校に慣れ、学級づくりや日々の授業が落ち着きかけてきたところですが、明日から児童にとっては「ダイヤモンドウィーク」がスタートします「ゴールデンウイーク」ではなくて「ダイヤモンドウィーク」と申すのは理由があります明日4月28日(金)は、西地区の小学校の教職員が参加する主任会が開かれるため、午後停業となり、午後1時過ぎに下校となります。そして、29日から昭和の日、日曜日と休みがあり、5月1日月曜日から2日間家庭訪問となります。この2日間も午後停業となり午後1時過ぎに下校となります。そして、5月3日から5連休の「ゴールデンウイーク」がスタートし、5月8日月曜日から授業日ですがこの日も家庭訪問のため午後停業となり、午後1時過ぎに下校となります。つまり、4月28日(金)から5月8日(月)までの11日間は、4日間が半日授業、7日間が休みというのですから、「ゴールデンウイーク」を超えた「ダイヤモンドウィーク」と呼ばせてもらっています。児童にとってはウキウキの期間となりますので、安全面の指導を徹底いたしますが、学校からの指導だけでは十分ではありません。保護者の皆さまからも、命に係わることですから厳しく教えてやってくださるとありがたいです

 さて、本校では今年度も、「俳句活動」を推進してまいります。ねらいは、「俳句に親しみ、豊かな情操を育み、言語感覚を磨く。」としています俳句という言語活動を通して、豊かな心を育む言語環境を作ることをねらっています毎月1日を「俳句の日」として児童から俳句を募集します一人が3句創作し、先生に提出します。学級で5句選び、その中から選ばれた代表句は、校長室横の掲示板「和気っ子俳句」に掲示したり、JR和気駅に掲示したりします。また、前期と後期に分けて、代表句を集めて、特選2句、入選4句、佳作6句を表彰しています作り方のコツとして、:『はっ!』と発見」「:いつ?(季語)」「:句のリズムや組み立て」が大事であると指導しています。学校の時間だけでは作ることができませんので、連休など時間があるときにご家族で作ってみてはいかがでしょうか。


2017年4月26日(水曜日)

縦割り班結成式が行われました

カテゴリー: - wake @ 10時25分52秒

 4月26日(水)雨、集団登校の列に雨傘が並ぶ、冷たい雨のスタートとなりました。1年生の歩く速さに合わせて、少しゆっくり歩いているうえに、雨傘をさしての登校となりましたので、今朝の集団登校には時間がかかりました。しかし、新班長は嫌な顔一つせず、班員を一列に並べて、上手に集団登校できていることがありがたいです

 以前にお話したとおり年度初めの健康診断関係は順調に進んでいます。昨日は心電図検査(1年)と歯科検診(3年)、今日は内科検診(3、4年)、明日は聴力検査(1、2、3、5年)と尿検査回収となっています。欠席が昨年度に比べて少ないことから、もれなく進んでいるように感じます。欠席に関する状況ですが、昨日25日(火)の最終は欠席児童11名、出席停止児童2名(溶連菌感染症)でした。本日の朝の段階での欠席児童は16名、出席停止児童1名(溶連菌感染症)という状況です。欠席は少し増えたことから、4月当初からの疲れが出ているのかもしれません。若干気になるのは、16名の欠席児童のうち12名が男子ということです。本校の欠席の状況は年間を通して、男子が占めているのは今年度も変わらないようです。

 さて、今朝は「縦割り班結成式」がありました。今年度1年間の様々な場面で活用していく異年齢集団ですが、全校児童639名をまず3つのグループ(赤、黄、青)に分けましたそれぞれの色のグループを更に18ずつのグループに分けていきますので、全部で54のグループが出来上がりました。一つのグループの構成員は11名または12名です。

まず6年生が1年生を迎えに行き、5年生が準備した場所へ案内します。場所は担当の先生の教室や特別教室となっています。8時05分より、テレビ放送を通じて、グループ長と副グループ長が挨拶をしました年間を通じて居心地のよいグループになるように取り組んでいきましょう、運動会では優勝できるように頑張りましょうなど、様々な決意や呼びかけがなされました。ちなみに、チーム名の発表がありましたが、かなり個性的でした。赤組「レッド・ゴジーラ」黄組「ゴールデンサンダー・ペガサス」青組「ブルー仮面サイダー」に決まったようです。なんとなくマスコット・キャラクターが目に浮かぶ感じですが、児童が自分たちのグループという所属感を抱いたり、このチームのために努力しようと頑張ったりすることができるとすれば、活動のねらいは十分達成できるのではないかと考えます。この後、各教室では、グループのメンバーが自己紹介をして、「1年間よろしくお願いいたします。」という顔合わせができました。

今後は、毎日の清掃活動においてもこの縦割り班で活動することになります。また、「1年生を迎える会」においては、同じ縦割り班の6年生が1年生と手をつないで入場したり、様々なゲームを同じ縦割り班のメンバーと楽しんだりします。さらには、運動会、縦割り班遊びなど学校行事的なもの、日常的なものへと発展させていきます

最後に、昨年から、水曜日の集団下校がある日に限って雨が降って実施できないということが少なくありません。晴れ男として、行事では雨を降らせないわたくしですが、こればかりは力を発揮できていなくて申し訳ありません。学年下校にて、15時15分頃に学校を出る予定です。そのあと、放課後子ども教室「和気(わき)あいあい教室」の入会式があります。


2017年4月25日(火曜日)

「安心」「安全」「笑顔」を和気よう!

カテゴリー: - wake @ 16時27分48秒

 4月25日(火)快晴、気温はぐんぐん上がり、22℃になりました。初夏を感じさせるような陽気です。今週は、先週末の土曜日が参観日であったために、今日から新しい週が始まりました。週初めに欠席が多いというお話は何度もしてまいりました。今日はさすがに日曜日の疲れは月曜日にとって、週初めの火曜日は欠席が少ないのではと期待したところですが、欠席児童が12名でした。欠席理由について見てみると、「体調不良」というものが目立ちます。「リフレッシュ休暇」だと決めつけはしないものの、明日以降は減ると信じています。先週までの出席停止児童(流行性耳下腺炎)は回復しましたが、この週初めは溶連菌感染症2名です。

 今日は、「平成29年度第1回 独居老人安否確認パトロール」の出発式が予定されています。副題には、「和気地区『地域の絆で守ろう安全運動』」と記されています。昨年度も参加しましたが、この事業は12年前から続いているようです。パンフレットに記されている内容をそのまま転記いたします。

 和気地区では、平成17年から「自分たちの地域、自分たちの子どもは、自分たちで守ろう。」をキャッチフレーズに、和気公民館が中心となって呼びかけを行い、「この町に住んでよかった。」と思える安心なまちづくりを目標に、官民一体となった防犯活動を実施してきている

結成当時、全国的に子どもを対象とした凶悪事件が発生する中、前記スローガンを掲げ、地域住民と学校が一体となり、子どもの安全を守る『見守り隊』を結成し、登下校のパトロール、交通安全指導をはじめとして、特に地域住民と子どもの交流を深めることに力を入れた。また、地元の特産のみかんを利用した「みかんフェア」の開催、俳句王国松山を生かした子どもの俳句大会、第53番札所「円明寺」での宿泊活動各種スポーツ事業等、様々な取組を継続して行い、年齢を超えた地域での地道な活動を継続してきた

活動を開始して12年が経過し、地域で見守ってきた子どもたちが成長する中、高齢者社会を迎えて地域社会の情勢も大きく変化し、高齢者を狙った振り込め詐欺、高齢者の交通事故等が増加している。そこで、自分たちを守ってきてくれた地域のお年寄りを犯罪や事故から守ろうと、今度は子どもたちが中心となって発案し、標語を作成した

「安心・安全・笑顔を和気よう!」を和気地区のまちづくりのスローガンに掲げ、高齢者の目に付くようにスローガンを印刷した「ハンカチ」を作成した。そこで、今までの見守り活動を続けてきてくれた地域のお年寄りに「ハンカチ」や「防犯パンフレット」などを手渡し、犯罪の被害や交通事故等に遭わないように呼びかけを行い、まさに時代から時代を絆で結ぶ活動となっている

平素出歩く機会が少なく、地域活動に参加できない高齢者ほど、「振り込め詐欺」等の犯罪被害や交通事故に遭う機会が多いことから、独居の高齢者宅を中心に個別訪問し、顔と顔を合わせた呼びかけを行うことにより、高齢者の犯罪被害、交通事故、火災等の絶無を目指す

このように、この事業の主旨がうたわれています。先ほど出発式に参加してきましたが、本事業の総責任者である和気公民館長より、趣旨説明がなされるとともに、「和気の町を安心で安全な町にしよう。そして、笑顔があふれる街にしよう。」と強く呼び掛けられました松山西警察署長からは、「この運動を西署管内に広げるとともに、松山市内全域にも広がることを願っています。西署も全力で応援します。」と心強いメッセージをいただきました松山北中学校長からは、ある新聞記事を基に、「今の中学生が50歳になる頃には、日本の人口は9000万人になるそうです。高齢化がますます進むと予想されますから、この運動を継続していきましょう。」と呼び掛けられました

そして、和気地区在住の松山北中学校及び内宮中学校の生徒約80名は、各地区の民生委員さん支部長さんとともに、独居老人宅の訪問を始めました。きっと、喜ばれて笑顔が届けられると思います。


2017年4月22日(土曜日)

4月の参観日を終えました

カテゴリー: - wake @ 13時40分28秒

 4月22日(土)快晴、雲一つない朝を迎えました。ふだんの土曜日であれば、学校はお休みしているのですが、本日は4月の参観日です。授業参観(5年:集団宿泊活動説明会、6年:修学旅行説明会)、学級PTA、PTA総会という日程で進めました最後は、災害時に児童の引き渡しを想定した「引渡し訓練」も行いました。大勢の保護者の皆様が早朝よりお越しくださいました。そして、5年生、6年生の保護者の皆様には、集団宿泊活動及び修学旅行の費用をお持ちいただきました。お知らせしてからあまり時間のない中でご準備くださり感謝しております。少し気になっていた欠席状況ですが、児童はとても元気な様子で安心しています。一昨日20日(木)の最終は、欠席児童3名、出席停止児童1名(流行性耳下腺炎)でした。昨日21日(金)の最終は、欠席児童5名、出席停止児童1名(流行性耳下腺炎)でした。本日22日(土)の最終は、欠席児童4名、出席停止児童1名(流行性耳下腺炎)でした。

 集団宿泊活動説明会では、「レインボーハイランド」にて実施することになった経緯やその利点をまずお話しし、ご理解をいただきました。そして、^率教員の紹介(10名が引率)、⊇乎捗蒜餝萋阿量榲、施設や日程の確認、ど装や準備物について、ト駘僂砲弔い董↓Ψ鮃管理について、各担当からご説明いたしました。特にご質問が出なかったことから、十分ご理解いただけたと思っています。また、5月1日からの家庭訪問において、個人的なことはお伺いしたいと考えています。

 修学旅行説明会では、小学校生活で一番思い出に残る行事を安心して実施できるように最善を尽くすことをお約束いたしました。そして、本来団長として引率するべき校長であるわたくしが、「サクラメント姉妹都市提携35周年訪問団」の一人として同時期に出国することになり、引率ができないことをお詫びいたしました。この後、^率教員の紹介(6名が引率)、⊇こ慘更圓量榲と日程について、H駘僂砲弔い董↓ど装や準備物について、イ修梁消躇媚項、Ψ鮃管理について、各担当からご説明いたしました。こちらも特にご質問が出なかったことから、十分ご理解いただけたと思っています。また、5月1日からの家庭訪問において、個人的なことはお伺いしたいと考えています。

 PTA総会では、まず新任教職員の紹介を行いました。13名が自己紹介をしながら、顔見せをいたしました。わたくしからの挨拶においては、「いい学校づくりを目指して」と題して、本校のグランドデザインをスクリーンに映して、説明いたしました。本校の教育目標「自他を愛し、ともに学び、鍛え、伸びゆく児童の育成」のもと、基本方針を「知徳体のバランスのとれた児童の育成」と定めて進めることをご理解いただきました。また、教職員が努力するだけでは「いい学校」を目指せないことから、保護者の皆様に努力いただきたいこと「児童が心安らぐ居場所としての家庭づくり」をお願いいたしました。学校、家庭、地域が連携し、「総がかりの和気教育の推進」を共通理解できたと心強く思っています


2017年4月20日(木曜日)

校舎の外に出てみました

カテゴリー: - wake @ 13時10分55秒

 4月20日(木)曇り、今朝は晴れていたように思いますが、空模様はあまりよくありません。今にも降り出しそうな雲が覆っています。気温が上がってきたこともあり、児童の服装はずいぶん軽くなってきました。Tシャツ1枚で登校している児童が少なくありません。少し気になる欠席状況をお知らせします。昨日19日(水)の最終は、欠席児童9名、出席停止児童2名(溶連菌感染症1名、流行性耳下腺炎1名)でした。本日朝の段階では、欠席児童7名、出席停止児童1名(流行性耳下腺炎)という様子です。週の後半になって、回復傾向が見られます。

 今日は、外回りを歩いてみました。すると、あの大雨と強風によってサクラの花びらはすっかり落とされてしまって、葉ザクラに変身していました。これから青々としたサクラへと姿を変えていくにしたがって、紫外線が強くなる時期が来ると思われます。昨日の朝会においても、「ね」に気を付けましょう、「熱中症に気を付けましょう。外に出る際には帽子をかぶります。少し大きめの水筒にお茶を持ってきます。」と呼び掛けました学校の近くの田には、レンゲが咲き始めています。甘い香りを漂わせ、春の風物詩としては懐かしいのですが、最近はめっきり減って見なくなったようにも感じます。

 ちょうどその頃、和気っ子ランド(芝生)あたりでは、大勢の低学年が楽しそうに遊んでいます。遊具で遊んだり、鬼ごっこをしたりして、声を上げて楽しんでいます。これは休み時間に遊ぶのとは異なり、生活科の学習として遊んでいます。様子を見てみると、2年生が1年生と遊ぶことを通して、‘学を心待ちにしていた気持ちを伝えよう、学校生活に早く慣れてもらおう、3惺擦罵靴屬箸のルールを教えよう、といったねらいで学習しているようでした。先輩としての2年生にとっては初めての後輩ができたので、うれしくてたまらない様子が見えました。今までは学校中のお世話になりながらの生活でしたが、少しは自分たちの力で人の世話ができることをアピールしているかの時間でした

 4年生が理科「春をさがそう」という学習のために、今日は校庭に出て来ていました。様々な草花を見つけて、春を感じていました。春ならではの植えられた花だけではなく、自然に咲いている草花を見つけました。花びらが少し残っているサクラ、満開のピークを過ぎかけたチューリップ、ひっそりと咲いているタンポポなど、たくさん春を見つけていました。

 昨日教室を回って見つけたことを、ハイライトでお知らせします。1年生は、折り紙を重ねたものを切り抜いてできる楽しい形を作っては、窓ガラスに貼ってもらっていました。2年生は、本日の生活科で1年生と楽しむための準備や体育の時間に和気っ子ランドで鉄棒運動をしていました。3年生は、図画工作できれいな色遣いを工夫してデザイン画を描いていました。4年生は、国語の「白いぼうし」という名作を朗読したり、場面の情景を読み取ったりしていました。5年生は、算数の10倍、100倍、1000倍すると小数点が動いたりゼロが増えたりする学習をしていました。6年生は算数の「線対称の図形」について、特徴をまとめていました。音楽室では、ソの♯の音をリコーダーで練習していました。理科室では、ふりこの運動のきまりを見つける実験を繰り返していました。

 今日は、出海学級を回りました。1組では、参観日では大きな声で発表できるように、「大きな声で練習をしよう」という時間でした。大きなはっきりとした声ができるように仝の形に気を付けたり、∪紊琉銘屬傍い鯢佞韻燭しました。2組では、それぞれが自分に合った学習を進めていました。算数の体積の学習、社会科の情報を集めてワークシートにまとめる学習、外国語活動の復習などに取り組んでいました。3組では、理科の学習のため、戸外に出てタンポポをさがして虫めがねで調べる学習を進めていました。

 今日も落ち着いた学習が進められており、とても安心できる一日です。各学級では、22日(土)の初めての参観日に向けて、教室掲示を整えたり授業の準備をしたりしています。どうか大勢の皆様のご参観をお待ちしています。そのあと行われる「学級懇談会」「PTA総会」にもご出席いただけますようお願いいたします。なお、5年児童及び保護者対象に「集団宿泊訓練説明会」、6年児童及び保護者対象に「修学旅行説明会」を実施することになります。そして、災害時に備えた児童引渡し訓練を実施しますので、お昼前までよろしくお願いいたします。

 最後になりましたが、明日は出張等のために終日学校を空けますので、このページは休ませていただきます。


2017年4月19日(水曜日)

昨夜は「PTA理事会」、今朝は「学級委員任命式」「児童会結成集会」を開きました

カテゴリー: - wake @ 09時55分43秒

 4月19日(水)快晴、きれいな青空が広がり、明るい見通しを与えてくれるような気持ちになる、そんな朝を迎えました。先週末より、出張や公務外出が続いており、なかなか学校にいる時間が少ないのが現実ですが、学校にいる時間を大事にしたいと思う毎日です。

 児童の欠席関係についてしばらくお知らせしておりませんので、先週末からまとめてみます。14日(金)欠席児童7名、出席停止児童3名(インフルエンザ2名、マイコプラズマ肺炎1名)、今週17日(月)欠席児童11名、出席停止児童2名(溶連菌感染症2名)18日(火)欠席児童13名、出席停止児童1名(溶連菌感染症)という状況です。今日はほんの少し減って、朝の段階で欠席10名、出席停止児童2名(溶連菌感染症1名、流行性耳下腺炎1名)という状況です。新学期1週間を頑張った疲れが徐々に出ているようですが、週末にきちんと休んで週初めから体調を整えるという習慣を身に付けてほしいです。昨年度来申し上げているように、週末のスポーツ活動の疲れが出て、週初めは休むという「本末転倒」だけは本校からなくしたいと思います。このことは今年度もことあるごとに強く申していきたいと考えています。

 さて、昨夜は「第1回PTA理事会」が開かれました。PTA総会に向けて29年度の事業計画や予算案について審議がなされたり、22日の参観日に行われるクラス役員決めについて打ち合わせたりしました。わたくしからの挨拶を記載します。「2年目になりました、校長の芝 毅です。よろしくお願いいたします。2年目であるとともに、わたくしにとっては教職生活最後の1年となります。一日一日を大事にしながら、勤めてまいります。今年度のスタートに当たって、学校のことを少し紹介します。児童数639名(前年比プラス28名)、学級数24学級(前年比プラス2学級)、教職員数33名(前年比プラス2名)となりました。数が増えたことによって様々な可能性が広がったように感じます。先生についてですが、1名が退職後も継続して勤めることになったことに加え、13名の新任者を迎えて新体制がスタートしました。大勢の先生が入れ替わったので心配もあろうかと思いますが、みなさん学校にすぐに慣れていただき、落ち着いた学級経営、教科経営ができておりますのでご安心ください。授業の様子を毎日のように見て回っていますが、いい1年にしようと頑張っている児童の様子が伝わってきます。教職員一同『チーム和気』を合言葉に全力を傾け、いい学校づくりができるように励むことをお約束します。どうぞよろしくお願いいたします。」(昨夜出席された役員の皆様におかれましては、話した内容が異なると感じられた方がいらっしゃるかもしれません。原稿を持たずそのとき思ったことをお話したので、思い出して記載しています。ご理解ください。)

 今朝は、集会のある水曜日でしたので、「第1学期学級委員任命式」「児童会結成集会」を行いました。2年生以上の選出された学級委員に一人一人任命書を手渡し、「よろしくお願いします。」と声を掛けました。受け取る際に、新学級委員は気持ちを込めて「はい。」と返事ができました。結成集会では、児童会長より、「児童会とは何か」「児童会は何をするのか」「児童会役員としての心構えと呼び掛け」が伝えられるました。続いて、ワッケーズが登場し、いい学校にしていくための一人一人の覚悟「元気な学校にしたい。」「挨拶が響く学校にしたい。」「笑顔があふれる学校にしたい。」「みんなが仲の良い学校にしたい。」「花がいっぱいの学校にしたい。」を述べるとともに、一緒に頑張ろうと呼び掛けました

 まもなく2校時が終了しますので、3校時からは、各学級の授業の様子を見て回ります。この様子につきましては、明日の本ページにてお知らせします。


2017年4月13日(木曜日)

「学級編制」は時代とともに変わってきました

カテゴリー: - wake @ 12時23分04秒

 4月13日(木)快晴、久しぶりにと申しますか、今年度になって初めて朝から晴れている日を迎えました。児童の顔も幾分輝いて見えるので不思議です。やはり太陽の光が降り注ぐことは生命に元気や勇気を与えるように感じます。昨日の最終の欠席等の状況は、欠席4名、出席停止4名という状況でしたが、本日は少し増えています。欠席児童11名、出席停止児童3名(インフルエンザ2名、マイコプラズマ肺炎1名)です。感染性胃腸炎の児童は回復して登校しています。今年度は最初の週が月曜日から始まっているため、1週間が長く感じられます。明日1日登校すれば土日になりますので、ゆっくり休んでほしいと願います。

 さて、「学級編制」いわゆる「クラス替え」については、時代とともに考え方がずいぶん変わってきました。みなさんはどのようにお考えですか?わたくしが学級担任を始めた昭和50年代の後半頃は、1・2年、3・4年、5・6年という低中高学年のくくりで、2年間は学級のメンバーがそのまま変わらないのが通例でした。担任が2年間持ち上がりということも当然のように行われていました。したがって、2年間は学級のメンバーは同じ、担任も同じということから、結束力が高くなったり、あうんの呼吸で思いが伝わりやすかったりしたことを記憶しています。ところが、時代が昭和から平成に移り変わる頃からでしょうか、「学級編制」は毎年行い、学級のメンバーは入れ替わって進級する、担任はできるだけ持ち上がらないというのが通例に変わりました。この変化の背景には、児童生徒が固定した人間関係に苦痛を感じたり、その苦痛と連動して不登校やいじめ問題といった現象が生じたりするようになったからであると理解しています教師側から見えにくい児童生徒の内面に配慮することによって、児童生徒にとって快適な学校生活を保障すること、人間関係は固定せずもっとたくさんの友達や教師とふれあう機会を保障することを目指したのではないかと考えます。もちろん学級のメンバーをすべて入れ替えることは不可能です。また、教師も全員を入れ替えることは望ましくないケースも出てきます。したがって、学年が上がるごとにメンバーが入れ替わること、担任が変わることは、昨日のこのページでも申し上げたとおり学校を新鮮な雰囲気にする効果があるようです。

今日も3、4校時に教室を回ってきました。

1年生は、教室に掲示してみんなに自分を知ってもらうための、「すきなものなあに」という表現の時間でした名前を書いたら、好きなものを絵で表していきます。好きなものには、動物、花、フルーツ、遊びなどクレヨンを使って色鮮やかに描いていました

2年生は学級委員の選出をしていました。立候補者の投票数が同じになり決選投票をする場面もありました。また算数で時計を使って時間を計る学習をしていました。

3年生は国語の学習で「かえるのぴょん」の詩に心を込めるところに気を付けて朗読したり社会科の学習で松山市の写真を見ながら和気を確かめたり地図で確かめたりしていました

4年生は国語の学習で「春のうた」の学習をしていました。情景が思い浮かぶようにカエルについて知っていることを話し合っていました。「カエルが水辺にいるのはなぜか。」という問いに対して、「カエルは水の中で生まれた動物だからじゃないかな。」など深い話合いが進んでいました算数では、3年生の復習をしたり「角の大きさをはかろう」で分度器を使って角度を測ったりしていました。

5年生は今日から外国語活動の時間が始まっていて、ALTのディオン先生と支援員さん、そして学級担任が指導に当たっていました。徐々に耳を慣らしていこうとする様子でした。国語では「水平線」の詩を試写したり、算数では「整数と少数」の計算をしたりしていました。音楽室では、「すてきな一歩」の二部合唱の練習を聴かせてもらいました。

6年生の教室では学級活動として学級目標を決めるためにそれぞれの思いを出し合う場面、顔写真に様々な格好を書き込んで自分をアピールするための表現をする場面、算数で線対称の図形の対応する点や線を見つける場面に出合いました。

今日も順調に落ち着いて学習は進んでいます。

明日は終日出張のため、このページを休ませていただきます。


2017年4月12日(水曜日)

年度当初の保健行事が始まりました

カテゴリー: - wake @ 13時18分59秒

 4月12日(水)曇り時々晴れ、満開のサクラは雨にも負けず、じっと散ることなく耐えてきたように見えます。週末も含めて今週いっぱいは見頃を楽しめるような感じです。昨日のこのページでは、欠席5名とお知らせしたところですが、昨日の最終は欠席児童2名、出席停止児童2名(インフルエンザ及びマイコプラズマ肺炎)という状況でした。低学年にインフルエンザやマイコプラズマ肺炎が見られます。本日の朝の段階で欠席児童5名、出席停止児童4名(インフルエンザ2名、マイコプラズマ肺炎、感染性胃腸炎)という状況です。同じ感染症が広がっている状況はないのですが、新年度早々に苦しい思いをしている児童のつらさが伝わってきます。

 さて、年度初めの4月、5月は各種の保健行事が予定されています。昨日と本日は、身体計測が行われました。身長と体重を計測して記録するのですが、どの児童も身長が伸びたように感じます。もちろん個人差はあるものの、高学年ではグーンと伸びた児童もいるようです。同時に体重も増えなければならない時期です。他人の心配をしていられないわたくしですが、肥満傾向が気になる児童への健康及び栄養指導を担当者(栄養教諭と養護教諭)が行います夏休みなどの長期の休業日を利用することが多いのですが、担当者から保護者を交えて食事に関する指導を個別に行って、望ましい食習慣を身に付させようという試みを行っています。昨年度の様子を聞いてみると、非常に成果が出た児童がいたようです。継続的な取組が必要となるため、成果が出たものの元に戻ってしまうことも少なくないようです。

 今日も、3・4校時に校内を回って、授業の様子を見てきました。1年生は、正しい鉛筆の持ち方を教えてもらって、ひらがなで自分の名前を書いていました。先生の話をよく聞いて、丁寧に書こうとする気持ちが見えました2年生は、生活と国語を学習していました。生活では、「1年生と遊ぼう。」という学習単元のスタートに当たって、どこで何をして遊ぶのか計画を立てていました。国語では、詩を音読したり新出漢字を練習したりしていました3年生は学年で運動場へ出て体育をしていました。みんなの声が校舎まで響いてくるほど、ドッジボール楽しんでいました4年生は、図画工作と学級活動を行っていました。図画工作では自画像を描いていました。鏡に映る自分を見ながら丁寧に描いたり着色したりしていました。学級活動で学級委員の選出をするクラスもありました。立候補者がどんなクラスにしたいのか発表している姿はとても頼もしかったです5年生は、図画工作で自画像を描いていました。鏡に映る自分を見ながら、写真に写った自分を見ながら、丁寧に描いていました6年生は、「図形の対称」を学習する算数、自己紹介カードを完成させる学級活動、「引用して話そう」を学習する国語の時間でした。とても落ち着いて最高学年らしくなった様子が印象的でした出海学級では、係活動を決めたり、算数や国語の学習をしたり、漢字の練習をしたりしていました音楽室では、5年生が2部合唱に挑戦していました

 いい滑り出しをした様子が今日も続いていて、とても安心しています。特に、新任でいらっしゃる先生方のことを気に掛けながら、前年度から教育的な配慮が必要である児童の様子も見て回るようにしています。いい緊張感を持ちながら、入学、進級した喜びを大事にしようとしている雰囲気が学校にみなぎっていて、新鮮な気持ちにさせてくれます。「とてもありがたい」と感謝をしながら校内を回る足取りは、とても軽く感じます。


2017年4月11日(火曜日)

平常授業が始まりました

カテゴリー: - wake @ 12時47分25秒

 4月11日(火)雨時々曇り、新年度早々から天気が思わしくありませんが、児童は元気に登校しています。今朝の段階で、欠席児童5名、出席停止児童1名という状況です。新年度にかける思いが伝わりますので、教職員には、その頑張りを認めることを指導しました

 さて、本日は、中学校の入学式に出席しました。わたくしは北中学校へ、教頭が内宮中学校へ、主幹教諭がみなら特別支援学校松山城北分校へまいりました。北中学校の入学式の様子を申し上げます。入学生徒117名、3クラス(1クラス減)でスタートとなりました。男子生徒45名、女子生徒72名と、かなり女子生徒の方が多いという状況です。校長先生からの式辞は、「みなさんが小学校に入学する前に東日本大震災が起こりました。その当時のテレビCMでは、『心は見えないけれど心遣いは見える、思いは見えないけれど思いやりは見える』というキャッチコピーが流れたのを覚えていると思います。見えにくいものが見えるようにして、不安のない中学校生活を送っていきましょう。」と呼び掛けるものでした

 本校卒業の在校生代表からの「歓迎のことば」には、「新入生の不安を取り除くことができるように協力したいので、何でも相談してほしいです。そして、北中学校の生徒としての誇りをもてるように、一緒に頑張っていきましょう。」と励ましの内容が送られました

 本校卒業の新入生代表からの「誓いのことば」では、原稿を見ることなく話すような形で、「新しい友達との出会いを大切にしながら、勉強と部活との両立を図りながら、様々なことに挑戦していきます。特に、児童会活動で身に付けた元気な挨拶を頑張ります。」と力強い決意が述べられました

 本校の卒業生が、中学校で活躍していること、いいスタートを切ったことを確かめることができたので、出席してよかったと感じる入学式でした。

 今日から普通授業が始まっています。1年生は給食なしで12時前に下校しました。強い雨になったことから、風邪をひかないか心配しています。2〜6年生は、今日から給食が始まります。したがって、午後も平常どおりの授業となります。学級を回ってみましたが、今日は、学級委員の選出、学級の係活動の決定、所属する委員会活動の決定、給食当番の役割分担など、学期初めに決めておきたい事柄について、学級で相談していました。また、自己紹介をしている学級にも出くわしました。自分の好きなことや頑張りたいことを話していました

全体的な印象としては、落ち着いたスタートが切れたというのが第一印象です。少しふざけることが気に掛かる児童は注目していましたが、新しい自分でスタートしようとする頑張りが見えました。1年ごとに成長していく様子がよく伝わりました。


2017年4月10日(月曜日)

素晴らしいスタートを切りました

カテゴリー: - wake @ 16時12分33秒

 4月10日(月)雨、あいにくの天気とはこのことですが、新任式を始めようとしたときに、雨が落ち始めました。

 今日はいよいよ新年度、新学期の始まりの日です。新1年生には先週の7日(金)にお知らせ済みですが、「自分は〇組なのか?」「誰と同じクラスなのか?」「担任の先生は誰か?」など、児童は心を弾ませながら登校してきたに違いないと想像します。欠席児童は1名、インフルエンザによる出席停止児童が1名でした。増えた児童数639名のうち637名が出席したという、この衝撃的な事実に感激しています

 放送での新任式では、14名(うち1名は退職したがそのまま再任用で残った。)がそれぞれに、本校での生活を新鮮な気持ちでスタートさせようと、決意を述べながら自己紹介をされました

 始業式では、新年度に胸を膨らませた思いを大事にしていこうと呼びかけました。そして、昨年も読み上げた自作の詩「新しいもの」を紹介しました

    新しいもの    芝  毅 作

  新しい学年     新しい学級

  新しい先生     新しい友達

  新しい教科書    新しいノート

  新しいものに出会うと なぜか新しい自分になれる

  なぜか今までとはちがう自分になれる

  新しいっていい    新しいっていい

 児童の代表として、児童会長は、「新年度はコミュニケーションを大事にする1年にしましょう。そのためには、^Щ△鬚靴辰りする、⊇蝶笋衄紐萋阿魍菷にする、これらを頑張っていきましょう。」と決意を述べました。

 10時30分からの入学式には、大勢のご来賓の方々が臨席いただき、盛大なお祝いの式を行うことができました。特に120名の入学児童の保護者、祖父母、兄弟姉妹など席が足りないほどにたくさん来てくださり、非常ににぎやかな入学式になりました。

 式辞では、「和気小学校のよい子になる3つの約束として、校訓『自分で考え 力を合わせて たくましく』のとおり、ー分のことは自分でできるようになります。⇒達をたくさん作って仲良くします。A畤価甬き朝ごはんを守って、元気に過ごします。」と述べました

 児童代表のワッケーズからは、「今日から皆さんは和気っ子の仲間です。和気小学校はとても広いので、いろいろなところで楽しく一緒に遊びましょう。そして楽しく勉強しましょう。運動会や音楽会、遠足や集会もあります。もし困った時には、僕たち私たちがみなさんの力になります。」と歓迎の言葉を述べました

 入学児童120名全員が出席して、在校生もほとんど休まずスタートを切れたことは、今年度1年間がうまく進むのではないかと好印象を持ちました。新しくなった教職員の体制は、今年度も「チーム和気」を合言葉に、保護者や地域の皆様からの信頼を築くことができるように全力を傾けて教育活動に専念します。どうかよろしくお願いいたします。


2017年4月4日(火曜日)

新任者が着任しました

カテゴリー: - wake @ 15時18分53秒

 4月4日(火)快晴、今朝は霜注意報が出るほどに気温は下がり最低気温は6℃でしたが、日中はぐんぐん気温が上がり最高気温は20℃近くになったようです。

 さて昨日、4月1日付で本校に異動となった14名(うち1名は初任者研修)の先生方に辞令書を手渡すことができました。それぞれに経験を積まれたばかりなので、安心してお迎えすることができました。午後は、新任者を交えての企画委員会を開き、本年度の和気小教育の根幹について丁寧に審議を進めました。これで、本日の職員会の資料すべてについて十分な審議がなされ、新体制を整える準備は完了しました。

 そして本日は、朝から職員会を開きました。一番先生方の関心の高い教職員配置について、わたくしから伝達しました。誰もが100%満足という様子ではないのは承知しながらも、それぞれが自分のポジションを確かめて、平成29年度の和気小学校教育の体制を整えました。その後、教科等の主任、校務分掌、教育課程編成、学校行事計画、教科等担当時数確認、日課表、日直勤務、教室配置、年度当初の日程、親任式・始業式・入学式の計画、年間行事予定などを審議しました。

 「大勢の先生方が入れ代わった時だからこそ、『新たなページを開く和気小教育への挑戦』を合言葉に、教育力を高めていくことに力を貸してほしい。」と年生方に年度当初のお願いをしました。新しいメンバーで、新しい風を感じながら、和気小教育を更に発展させることを誓いました。

 保護者、地域の皆様におかれましては、29年度もよろしくお願いいたします。


2017年3月30日(木曜日)

離任式

カテゴリー: - wake @ 09時44分16秒

 3月30日(木)晴れ、いよいよこの日を迎えました。

 この3月という月は、様々なお別れが付き物です。93名の卒業生を送り出して、ぽかんと穴の開いた状態が続いているにもかかわらず、本日13名の先生方とお別れをしなければなりません。長く貢献いただいた先生には8年間、短い先生には5か月間本校のためにお力を発揮していただきました。13名の内訳を見てみますと、退職2名、転補(松山市内での異動)7名(教頭1名、教諭4名、講師2名)、管外への転任2名(四国中央市『昇任教頭として』及び西予市へ)、新規採用として香川県へ赴任が決まった先生が1名、講師として松山市外へ勤務が決まった先生が1名、という状況です。

 校長としてはこれほどの多くの先生方が異動されて、29年度のスタートは大丈夫かと尋ねられますと正直しんどいものがあるのは隠せません。しかし、第2の人生の輝かしいスタートや新任地でのご活躍が約束された先生ばかりであり、残された我々教職員は、4月に赴任してくださる先生方と手を携えて進んでいかねばなりません。それは、寂しさに浸っているのでは、目の前の子どもたちが許してくれないからです。29年度を任されたメンバーが和気小学校の児童や保護者、地域の皆さんのために精いっぱい教育活動に専念することは、お送りする先生方を安心させることにつながるとも考えます。

 ご退職され第2の人生をスタートさせる先生方、新任地でご活躍される先生方のご健勝と更なる飛躍をお祈り申し上げます。誠にありがとうございました。


2017年3月24日(金曜日)

修業式を終えました

カテゴリー: - wake @ 17時39分35秒

 3月24日(金)晴れ、本年度の最後の授業日がやってきました。

 修業式では、「第〇学年の課程を修了したことを証する」と記され、校長印を押した修了証を各学年及び出海学級の代表に手渡しました。この式では、1年生の代表3名が、「この一年間でできるようになったこと」を振り返りながら発表しました。「あきらめずに練習したら二重とびがたくさんできるようになった。」「国語の文字を丁寧に書けるようになったので、お母さんより丁寧に書けるようになりたい。」「漢字や100マス計算の頑張りを、2年生になっても続けていきたい。」など、もうすぐ2年生になる自覚が芽生えていました。

 わたくしからは、修了証の意味と修了が6年間続くと、「小学校の課程を修了したことを証する」と記された卒業証書を渡すことになるとを話しました。そして、指を出して(児童も指を出して)、お礼を言います。帰るまでにお世話になった先生にお礼を言いましょう。飛び出しをしないなど、交通安全に気を付けましょうおさらいをして、新学年の準備をしましょう。」と伝えました。校歌を斉唱した後、この3月末をもって転校する友達の紹介がありました。4名が転出することになっています。

 例年より1日早く授業日を終わることになりました。今年度大きな事故や問題が生じることなく学校経営ができましたのは、先生方の努力と保護者や地域の皆様の格別のご理解とご協力によるものだと強く感じています。本校に校長として赴任して1年、たくさんの人に支えられ、ここまで来られたことに心より感謝申し上げます。

つきましては、来る平成29年4月1日より、新年度がスタートします。今後とも変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、本年度の本ページを閉じさせていただきます。

愛読いただいた皆様、4月10日より、「校長室より」を再開する予定です。次年度もどうぞよろしくお願いいたします。


第108回卒業証書授与式を挙行いたしました

カテゴリー: - wake @ 09時04分11秒

 3月23日(木)曇り、いよいよ卒業証書授与式の日を迎えました。天気が曇っていることは少し気に掛かるものの、予定どおり挙行できることを幸せに感じます。卒業生93名のうち、1名は渡米中により本人に授与することはかないませんが、全員に一人一人手渡すことがメインの卒業証書授与式となります。

 9時40分、「思い出の6年間」のスライドが上映され始めました。これは保護者、在校生を対象にしたもので、入学式を行った1年生のときから、2年生、3年生、4年生、5年生、そして6年生と写真を見ながら6年間を振り返ります。中には、5年生での松山市民会館大ホールにおいて開かれた連合音楽会の演奏、6年生での運動会の表現「RYUSEI」はビデオで流されました。約8分程度にまとめたものでしたが、保護者は持参のビデオに収めていたようでした。

 9時55分、「卒業生入場」という教頭の号令に始まって式は始まりました。学級担任を先頭に、少し緊張した面持ちの卒業生が入場してきました。170名を超える保護者、23名のご来賓のご臨席のもと、「平成28年度松山市立和気小学校第108回卒業証書授与式」は厳かにスタートしました

普通学級3学級、特別支援学級2学級、合わせて5学級の担任から、一人一人氏名が読み上げられ、卒業証書を一人一人に手渡していきました。その際、卒業生一人一人が自分の将来や就きたい職業、中学校生活に向けて決意したことなどを語りました。短い時間ですが、真剣さが伝わるものでした。「自分に厳しく、人にやさしい人になります。」「新鮮な魚を食卓に届けられる漁師になります。」「一人一人にあった家を設計します。」「世界に通用するプロバスケットボールプレイヤーになります。」・・・など、心に決めた思いが伝わってきました。

わたくしからの式辞においては、「あきらめない強さを持つ人になってほしい。」とはなむけの言葉を贈りました。その際、「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のネズミから始まったことを。」というウオルト・ディズニーの言葉を引用しました。さらに、「ディズニーが世に送り出した、シンデレラもピノキオも、とても困難な環境に置かれても勇気を持ち続けることができました。ディズニーの作品を見ると、夢や勇気を持ち続ける生き方を教えてくれます。」と言葉を添えました。また、「4月からそれぞれが様々な学校で学ぶことになります。知ってほしいことは、どこで学ぶかは重要ではないということです。これから先の人生において、どの学校へ進学するかで人生は決まりません。あなたが進学する学校で、あなたらしく中学校生活三年間をひたむきに挑戦し続けることができるかどうかにかかっています。つまり、『どこで学ぶ』よりも『どのように学ぶ』かが重要であると伝えたいのが本心です。勉強にも部活動にも、常に熱中しながら挑戦し続けてほしいです。」と、これからの生き方の大事なことを伝えました。最後に、「中学校生活は、楽しいことばかりではなく、様々な困難が待ち受けていることでしょう。だからこそ、あきらめない強さを持つ人間になって乗り越えてほしいと願わずにはいられません。その強さは必ずや出発のエネルギーとなります。みなさんの一歩を心から応援します。私を含めて、小学校で関わったものすべてが皆さんの応援団としてエールを送ります。」といつまでも応援している気持ちを伝えました。

式は予定通りの70分間で終えることができました。松山市長様からは、卓球の「福原 愛」選手を例に出され、「努力することの大切さ、その努力の過程の大切さを忘れず、これからの中学校生活を送ってほしい。」とビデオレターにてご祝辞をいただきました。本年度より対面式にして卒業証書授与式を挙行いたしました。関係の皆様より、ご意見を頂戴して、今後の参考にさせていただきたいと思います。多数ご臨席を賜りました、ご来賓の皆様、保護者の皆さまありがとうございました。

最後になりましたが、身内に不幸ごとがあり、記事の掲載が遅くなったことをお許しください。


2017年3月22日(水曜日)

明日はいよいよ卒業証書授与式となりました

カテゴリー: - wake @ 13時44分00秒

 3月22日(水)晴れのち曇り、今朝は4℃まで下がりましたが、児童が登校する時間帯の気温は7℃、日中の最高気温は13℃まで上がるようです。東京や各地でサクラの開花が告げられる時期となり、松山市内での開花もあと数日のようです。本校のソメイヨシノは、まだ少しつぼみが硬いようです。

 少し気になるインフルエンザに関する情報をお知らせします。昨日21日(火)の最終は、インフルエンザによる出席停止児童6名、欠席12名でした。今日の朝の段階では、インフルエンザによる出席停止児童は1名減って5名です。変わらず低学年と高学年において発症している様子です。欠席児童は13名という状況です。先週までインフルエンザによって出席停止となった児童の中で本日回復した児童もいますが、新たに発症している児童がいます。またマイコプラズマ肺炎を発症した児童もおり、年度末まで感染症のいない時期はほとんどなかったように感じます。

 今日は給食最終日でした。この1年間、毎日おいしい給食を、事故なく提供いただいた、栄養教諭、和気共同調理場の皆様、その他関係の皆様には、心より感謝申し上げます。学校給食が事故なく実施できることは当たり前ではありません。たくさんの皆様の安全への配慮や様々なチェックが機能したからこそ、安全が保たれたと考えます。次年度もよろしくお願いいたします。

 さて、今日は1〜4年、6年生は午後停業となり、すでに下校いたしました。これから卒業証書授与式の準備を行います5年生児童94名と教職員が準備に臨みます。式場である体育館の清掃と準備、生花や国旗、来賓控室の準備、6年3教室と出海学級2教室の飾り付け、祝電や祝詞の掲示、トイレや玄関の清掃、そして大仕事の花鉢の移動が大まかな分担となります。15時から15時半をめどに準備を行います。

 いよいよ明日は卒業証書授与式となります。卒業生93名全員に、一人一人証書を授与したいと思っています。お天気は上々であるという予報ですから、案ずることは何もありません。


2017年3月21日(火曜日)

グループホームを訪問しました

カテゴリー: - wake @ 14時40分32秒

 3月21日(火)雨のち曇り、今朝は雨が降っていたせいか、最低気温は8℃、児童が登校する時間帯の気温は9℃と、暖かい朝となりました。雨も思ったほどは降らず、春雨という言葉が似合う様子でした。

 少し気になるインフルエンザに関する情報をお知らせします。先週末17日(金)の最終は、インフルエンザによる出席停止児童8名、欠席5名でした。今日の朝の段階では、インフルエンザによる出席停止児童は先週から1名減って7名です。変わらず低学年と高学年において発症している様子です。欠席児童は15名という状況です。先週までインフルエンザによって出席停止となった児童はほとんど回復しましたが、新たに発症している児童がいます。中には、卒業証書授与式にも修業式にも出席が不可能な児童が出てきました。またまだ注意が必要です。

 昨日は、地元の社会福祉協議会、民生委員協議会の皆さんの要請を受けて、「グループホーム太山寺」を訪問しました。ここでお年寄り向けに紙芝居をして、和んでいただくのが目的ですが、その前座として、本校の児童会キャラクター「ワッケーズ」に登場してもらえないかということでした。3連休の最終日ということもあって、新児童会役員6名がそろうこともできず、旧児童会役員6名がそろうこともできない状況です。そこで、新旧が混じって「ワッケーズ」を一時的に編成することにしました。6年1名、5年4名の合計5名で、この日限りの「ワッケーズ」が「グループホーム太山寺」を訪ねることにしました。児童会担当の先生方は年度末の事務処理で忙しいばかりでなく、入学式の準備まで進めておられますので、わたくしと教頭の二人で引率することにしました。

 3月20日(月)春分の日の午前10時に到着し、「ワッケーズ」は衣装替えをしました。その間をお借りして、わたくしから一言ご挨拶をさせていただくと、準備は整いました。いつもの「宇宙戦艦ヤマト」の曲に合わせて、「ワッケーズ」が登場しました「元気はつらつ 青ワッケー」「やさしさとまごころを届ける 白ワッケー」「あいさつ大好き 赤ワッケー」「笑顔いっぱい 黄色ワッケー」「自然となかよし グリーンワッケー」の5人が登場すると、拍手が起こりました。そして、この春めいた季節についてトークをした後、「春が来た」をみんなで歌いました。そして、「この『グループホーム太山寺』には和気地区ご出身の方がいらっしゃいますか?」と問いかけると3名の方が反応してくださいました。遠くは東京や金沢のご出身の方もいらっしゃいました。そして、「ふるさと」を一緒に歌いました。そして、最後に「おぼろ月夜」を歌い、1年間の締めくくりのトークをして、「ワッケーズ」は退場しました。お年寄りの方々が一緒に口ずさんでいただけたことが何よりでした

 これで前座が終了し、和気公民館長様より、紙芝居「衛門三郎」のお話が始まりました。信仰心がなく、強欲な主人公「衛門三郎」は、ある日托鉢のため訪れた僧侶にやるものは何もないと、竹ぼうきで追い払おうとしました。そのとき、僧侶が持っていた鉄鉢が落ちて八つに割れてしまいました。それからというもの長男、次男、三男・・・と続けて5人の息子が毎日のように命を落としてしまいました。そして、長女、次女、三女と3人の娘が命を落としてしまいました。そのとき、「衛門三郎」は、僧侶に暴力をはたらき鉄鉢が八つに割れたことで、8人の子どもの命を失ったと悟り、僧侶に謝るまでは帰らぬと旅を始めます。その途中で、奥様が命を落とされ、天涯孤独となったとき、その僧侶(弘法大使)に出会います。僧侶に無礼を許してもらうと、「衛門三郎」は静かに息を引き取ったそうです。というお話でした。涙を浮かべたり、拭ったりしているお年寄りもいらっしゃいました。

 お年寄りは、人とのふれあいを喜んでくださいます。また子どもとの関わりを特に喜んでくださいますので、これからも機会があれば、活動に参加したいと思います。

 いよいよ最後の週が始まりました。卒業生はとうとうあさって卒業証書授与式を迎え、在校生はその翌日に修業式を迎えます。3日、4日という授業日を残すのみとなりました。


2017年3月17日(金曜日)

「本末転倒」の状態を嘆く〜今こそチェンジ〜

カテゴリー: - wake @ 11時03分43秒

 3月17日(金)快晴、今朝は3℃まで下がり冷たく感じましたが、児童が登校する時間帯の気温は6℃まで上がりました。日中は15℃くらいまで上がるよそうです。

 少し気になるインフルエンザに関する情報をお知らせします。昨日の最終は、インフルエンザによる出席停止児童9名、欠席12名でした。今日の朝の段階では、インフルエンザによる出席停止児童は昨日と変わらず名です。低学年と高学年において発症している様子です。欠席児童は名という状況です。昨日の朝の段階ではインフルエンザは8名とお知らせしましたので微増していることが分かります。増え続けている状況があることをご理解いただき、ご家庭においても、この週末の3連休の過ごし方を考えさせていただけると助かります

あれよあれよと言う間に、今週も最終の金曜日がやってきました。明日から「春分の日」を含んだ3連休となります。スポーツをする児童にとっては、遠征や大会が計画されたり、練習試合が計画されたりするのでしょうが、連休明けには欠席数の多さにため息をついてしまうことが予想されます。以前にも申し上げましたが、「休日や祝日にスポーツをして疲れたから、週明けは学校を休まなければならない児童が多すぎる。」という実態は、何としても打破しなければなりません体力を高めるはずの、少し古い言い方ですが根性を磨く場であるはずが、そのメンバーに限って学校を休むといった、「本末転倒」の状態を嘆かずにはいられません。申し上げにくいことですが、指導者のみなさんは、学校は関係しない社会体育なので、土日に選手として活躍した児童が週明けに学校を平気で休んでいることをご存じないのではないでしょうか。もしご存じないのであれば、本校のスポーツ少年団の指導者宛に実態をお知らせして、ご意見をうかがうとともに、学校と社会体育が協力して児童の健全な育成を図る体制を築かねばなりません。愚痴っぽくなりましたが、学校は触れることなく、この状態を黙認してきました。今こそ何とかチェンジしたい気持ちでいっぱいですので、どうかご理解ください。

さて、卒業証書授与式の総練習的な時間を取りました最初から最後まで通して行うことによって、成果や残っている課題を確認するのが目的です。もちろんですが、かつてほど時間的に余裕がない教育課程ですから、卒業証書授与式の練習だけにたくさんの時間を費やすことはできません。本日の様子をお知らせします。

本日は、卒業生全員に証書を手渡す練習をしました。全員が夢を語り、わたくしとちゃんと目を合わせることができました。また、来賓紹介における卒業生、在校生のおじぎの練習もしました。ご来賓のお一人お一人からお言葉を頂戴できませんので、ご来賓の発せられる「おめでとうございます。」「中学校でも頑張ってください。」に対して、座ったまま会釈をします。あと少しの練習しかできませんので、改善できるところは改善して、最高の卒業証書授与式にして今年度を締めくくりたいと考えます。時間的には本日が57分間でしたので、校長式辞、来賓祝辞、祝詞の紹介のために10分あまりと考えて、当日は予定どおり70分間の卒業証書授与式になりそうです。


2017年3月16日(木曜日)

中学校の卒業証書授与式に出席しました

カテゴリー: - wake @ 12時21分14秒

 3月16日(木)曇り時々晴れ、今朝は久しぶりに3℃まで気温が下がり、空気がひんやりしていました。児童が登校する時間帯の気温は6℃でした。

 少し気になるインフルエンザに関する情報をお知らせします。昨日の最終は、インフルエンザによる出席停止児童8名、欠席8名でした。今日の朝の段階では、インフルエンザによる出席停止児童は昨日と変わらず8名です。低学年と高学年において発症している様子です。欠席児童は17名という状況です。昨日の朝の段階ではインフルエンザは6名とお知らせしましたので微増していることが分かります。この週末の3連休の過ごし方を考えさせたいです。「和気小日記」のコーナーに「保健だより」を掲載しておりますので、ご覧ください。

 さて、今日は公立中学校の卒業証書授与式でした。わたくしは北中学校へ、教頭が内宮中学校へ、主幹教諭が松山聾学校へまいりました。少し前にお話ししましたように、中学校での卒業証書授与式は、体育館のステージを使って、卒業生も在校生もステージに向かって座ります。壇上で、一人一人が校長先生から卒業証書をいただくことから始まりました。その後、校長式辞、来賓祝辞(松山市長からのビデオメッセージ視聴を含む)、来賓紹介及び祝電披露、卒業記念品贈呈と進みました。

 小学校では、ここで「別れの言葉」と歌が入りますが、中学校では、在校生代表による「送辞」、卒業生代表による「答辞」と続いていきます。個人的にはこのパターンは大好きで、一言一句を逃さず聞きます。在校生の代表からは、「先輩方は常に自分たちの目標でした。」という言葉に象徴されるように、小学校生活とは異なり、先輩後輩の人間関係が強くなることが伝わりました。先輩から何を受け継ぐのか、先輩へ何を望むのか、丁寧に語られたと感じました。

「答辞」は、卒業生や保護者の涙を誘う、まさに3年間の振り返りの時間でした入学式を迎えた時から、今こうして卒業していくまでの自分たちの成長を語ります。そのとき、いつもそばで指導してくださった先生方への感謝、いつも守ってくれた家族への感謝、そして地域のみなさんにお世話になって今があることへの感謝、さらに、この中学校生活を楽しんだ仲間への感謝が切々と述べられました。また、「将来は教師になる。」という自身の夢や目標を語りながら、中学校生活を終えてからのことも語りました。「答辞」のよさは、代表の言葉を聞きながら、卒業生が、保護者が、先生が、後輩が、それぞれに共に過ごした中学校生活を振り返られることだと感じます。小学生は、割り振られた言葉を順に述べていくので、言葉をかみしめたり振り返ったりすることはなかなか難しいのではないかと考えます。友の言葉を聞きながら中学校生活を振り返って涙する場面は、卒業証書授与式の最も感動的な場面であると思います。

最後の卒業記念合唱「友〜旅立ちの時〜」には、卒業生全員が思いを込めました。この曲の最後の歌詞は卒業生の思いを象徴していると感じました。「友 さようなら そして ありがとう 再び会えるその時まで 友 僕たちが見上げる空は どこまでも続き輝いている 同じ空の下 どこかで僕たちはいつも繋がっている」

さあ、来週はいよいよ、小学校の卒業証書授与式です。


2017年3月15日(水曜日)

えひめスポーツITスタジアムの表彰を行いました

カテゴリー: - wake @ 11時20分49秒

 3月15日(水)晴れ、今朝は少し肌寒い5℃という最低気温でした。最近暖かいからそう感じるのかもしれませんが、児童が登校する時間帯の気温は7℃と快適な状況でした。しばらく天気の崩れはなさそうですから、本年度の終わりまでこのままであってほしいと願います。

 少し気になるインフルエンザに関する情報をお知らせします。昨日の最終は、インフルエンザによる出席停止児童6名、欠席7名でした。今日の朝の段階では、インフルエンザによる出席停止児童は昨日と変わらず6名です。低学年と高学年において発症している様子です。欠席児童は13名という状況です

さて、今朝は表彰朝会を開きました。「冬の選句会」「えひめスポーツITスタジアム」「ロータリークラブ善行表彰」の三つについての表彰です。「冬の選句会」「ロータリークラブ善行表彰」の表彰については、以前にお知らせをしましたので、今回は省略をさせていただきます。

えひめスポーツITスタジアム」の表彰について、少し詳しく触れたいと考えます。愛媛県教育委員会保健体育課が解説しているホームページによりますと、〜子どもたちが体力向上のために運動を日常的に行うことを目指して〜」という目標が掲げられています。指導者向けに示された文章から抜粋して、この事業のねらいをお知らせします。この事業を始める背景には、次の4点が挙げられています子どもの体力・運動能力は、体格が向上しているにもかかわらず、昭和60年ごろから現在まで低下傾向が続いている、∋劼匹發梁領歪祺爾蓮⊂来的に国民全体の体力低下につながり、生活習慣病の増加やストレスに対する抵抗力の低下などを引き起こすことが懸念される、J欷郤圓鬚呂犬瓩箸垢觜駝韻琉媼韻涼罎如外遊びやスポーツの重要性は学力に対する状況と比べると軽視する傾向が進んだ、だ験茲陵便化や生活様式の変化は、日常生活における身体を動かす機会の減少を招いている、この4点です。

 そこで、この事業の目的は、次のように書かれています。〇劼匹發燭舛楽しみながら運動を継続し、体力の向上を図る、運動の結果をランキング化して記録や順位を競い合うことが主たる目的ではないが、参加意欲や体力向上のための運動の継続への意欲を高めるためには、目標を設定し、肯定的な人間関係づくりの中で、目標を達成しようとする、この2点です。

 現在どのくらいの学校や学級が取り組んでいるかと調べてみますと、愛媛県内の295小学校のうち247校で実施しているようです。参加した学級数は、延べ2174学級にも上るようです。チャレンジ部門には、4つの種目があります。「スロー&キャッチラリー」「チームジャンプ連続」「8の字ジャンプ」「チームリレー」の4種目ですが、本校は、今回「スロー&キャッチラリー」に挑戦し、愛媛県内で上位入賞(各学年で競い合う)を果たしました。第1学年総合第2位「1年3組 記録147回」、総合第3位「1年1組 記録141回」、第2学年総合第4位「2年2組 記録163回」です。この3クラスに愛媛県教育委員会教育長名の賞状を授与しました。

 これからも「えひめスポーツITスタジアム」どんどん挑戦し、体力の向上を図りながら、学級の中に支え合い励まし合う人間関係が構築されることを願っています。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

学校からのお知らせ

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立和気小学校